• ファクタリングの三者間取引

    ファクタリングというのは、取引先企業に対して有している売掛金や約束手形といった売上債権を、早期に現金化するためのしくみをいいます。

    朝日新聞デジタルのお得情報を公開します。

    こうした売上債権は、実際に支払いの期日が到来するまでは、相当の期間を待たなければならないものですが、ファクタリングのしくみを使うのであれば、業者が債権の状態にあるものを買い取ることになるため、早期に現金を手元に置くことができます。



    こうしたファクタリングには、二者間取引と三者間取引とよばれるものがあり、ベースとなるのは三者間取引のほうです。三者間取引の場合には、業者と依頼主である債権者、債務者である取引先企業がそれぞれ関係しながら、売上債権の現金化が図られることになります。

    まず、依頼主は業者との間で売上債権の譲渡契約を結びますが、そのことは取引先企業のほうにも通知が行われることから、実際に売上債権の支払いは取引先企業から業者に対して行われるようになります。
    このようにな三者間取引の場合には、業者と依頼主しか関与しない二者間取引とは違って、業者のほうが負うべきリスクが少なくなることから、一般には手数料も安くなるというのがメリットの大きなところです。そのいっぽうで、取引先企業や金融機関などからは、経営が悪化しているのではないかと疑われたりすることもありますので、こうしたことを避けたいのであれば、多少は手数料が高くなっても二者間取引を選択するということになります。

    ファクタリングに関して悩んだら、是非お試し下さい。