• ファクタリングとはなんなのか

    ファクタリングというのは、資金操りが悪化した中小企業などが、一時的に状況をしのぐために保有している売掛金を専門の業者に売却をして即現金を手に入れることを言います。
    ファクタリングには高額な手数料がかかるので、経営状態に問題がない企業などが利用することは基本的にはありません。


    金利が高いと言われている消費者金融でお金を借りるよりもさらに高額な手数料がかかってしまうようです。

    また、この方法のリスクとして、一度利用してしまうと、なかなか抜け出せなくなるということもあげられます。例えば、毎月のようにファクタリングを利用していて、売掛金をすぐに現金に換えていたとします。この企業がファクタリングを利用するのをやめたら、売掛金が回収できるまでの間は資金難になってしまうでしょう。



    根本的に経営状況が改善されなければ、その状況から抜け出すことが困難になります。


    基本的には、資金操りが悪化する前に銀行などで融資を受けておくべきです。


    まだ資金操りが悪化していない状況ならば、銀行が融資をしてくれる可能性も高いでしょう。

    銀行がダメなら、消費者金融で事業者カードローンなどを作っておくことも考えましょう。
    金融機関から融資を受けられず、倒産のリスクにさらされたときの最後の手段として、ファクタリングという方法があります。



    しかし、この方法に頼らなければならない状況というのは相当深刻な状況ですので、根本的に経営状態を改善させるための手段を考えなければならないでしょう。